公的年金は原則として65歳から受け取ることができます。ただし、その年金を「繰り上げて」あるいは「繰り下げて」受給することができます。これにはそれぞれメリット、デメリットがありますので注意しましょう。