夫婦連生年金というのは、夫婦のどちらかが生存していれば年金が給付されるというタイプの年金保険です。通常の年金は被保険者が死亡した時点で給付が終了するものが多いのですが、夫婦連生年金としておけば、片方が生存していれば給付が続きます。