国民年金や厚生年金の保険料を一定期間支払うと、一定の年齢になると年金を受給することができるようになります。また、年金に加入している間に病気や怪我で障害を負った場合には障害年金、死亡した場合には遺族に対して遺族年金というものが支払われます。
これらの年金受給は老後のためだけでなく、私たちの生活におけるセーフティーネットでもあります。