個人型確定拠出年金は第1号被保険者、第2号被保険者のうち、企業年金(確定給付年金)、厚生年金基金、企業型確定供出年金に加入していない人が加入できます。第3号被保険者は加入できません。

 

2017年1月より個人型確定拠出年金についての加入者要件が外され、すべての人が加入できるようになります。掛け金が全額所得控除になり運用益も非課税になるなど、老後のための資産運用としては非常に魅力的な個人型確定拠出年金。

 

ここでは個人型確定拠出年金の長所、短所と加入条件のほか、利用上の注意点などを説明していきます。