確定給付企業年金とは、企業が独自に行っている3階部分の年金制度です。大企業を中心に採用されている年金(退職金)制度であり、確定給付企業年金法という法律に基づいて運営されている年金制度となります。制度については会社によって異なります。

 

「確定給付」とあるとおり、将来受け取ることができる年金額があらかじめ決まっているタイプの年金となります。会社側が最初から最後まで責任を持ってくれるタイプの企業年金制度です。

近年では、確定給付が企業にとっての重しとなるケースも多く、運用については労働者が行うという「確定拠出年金(401k、DC)」を採用する会社も増えています。

 

また、確定給付とはいっても、JALのケースのように経営環境の悪化や倒産などによって年金額の減額などが行われるリスクもゼロではありません。401kの場合は、勤務先のリスクによる減額リスクはゼロです。