厚生年金は日本の民間企業の労働者が加入する公的年金。保険料は報酬に応じて変わる報酬比例型となっており、基礎年金に上乗せして支払います(ただし、保険料は企業(事業主)が半分負担)。支払った保険料の金額に応じて将来受け取る厚生年金の給付額も変わります。