厚生年金基金とは、第2号被保険者(サラリーマン)の公的年金のうち、3階部分に該当する年金となっています。ただし、「代行部分」として「厚生年金」の保険料の一部を厚生年金基金が運用する形をとっているため、2階部分の一部も厚生年金基金となります。

 

年金運用を企業(厚生年金基金)が行い代行部分を予定以上の成績で運用できればその上乗せ部分は3階部分の年金として上乗せ給付ができます。

 

その一方で、運用益が予定を下回った場合は補填する必要があります。2012年のAIJ投資顧問による年金消失事件などもあり、年金基金の財政は悪化しており健全な厚生年金基金は1割にも満たないという推計もある。

 

そのため、現在では新規の厚生年金の設立は認められていません

また、2014年4月以降の5年間を特例として、財政状況の悪化した基金の解散を促す特例措置を実施しています。