厚生労働省は国民年金(第1号被保険者)において保険料を滞納している人に対する強制徴収を拡大する方向性を発表しました。2015年度以降は所得が400万円以上でかつ7カ月以上保険料を対オプしている人へ督促を実施、納付しない場合は財産の差し押さえに入るということです。

 

2015年1月21日